ChronoBox

思索の出力ポート

東京散歩(夏)

残暑の厳しい8月の終わりに、一眼レフを片手に門前仲町から浅草にかけて散歩をした。あんなに暑いと散歩すら危険な感じがするが、夏のコントラストをどうしてもカメラに収めたかった。

ということで、熱中症感染症に注意しつつ、街へ繰り出すことにした。

 

使用機材

EOS 6D + EF 24-105mm F4L IS USM(トリミング有)

 

いろいろ機材を持って行こうかと思ったが、死ぬほど暑い中歩いて都内を巡るため、軽量化を優先した。望遠は足りなきゃトリミングすればワンチャン…という軽薄な考え。

 

門前仲町から

f:id:chick1011:20200828110647j:plain

濃ゆい影が夏を感じさせる深川。よく整備されていて歩きやすい。電線も地中化されているようである。

 

f:id:chick1011:20200902202853j:plain

富岡八幡宮。平日昼間、暑い、流行り病の三重苦もあってか参拝客は少数だった。歴史ある建造物の前で、電光掲示板が護摩修行などの時間を表示しているのがなんとも面白い。和洋折衷ならぬ、古今折衷とでも言うべきか。

 

f:id:chick1011:20200902202901j:plain

永代通りには露店が多く見られた。縁日が行われていたようだ。

www.fukagawa-kanko.com

 

f:id:chick1011:20200828111142j:plain

雑然と生えるビル群がなんとも都心の外れらしい。

 

f:id:chick1011:20200902202905j:plain

f:id:chick1011:20200828111346j:plain

これは大横川。川とは言っても、この辺一帯は江戸時代の埋立地だから、人工の運河である。

 

f:id:chick1011:20200828112455j:plain

たまたまセミが写り込んだ。こうも暑いとセミも大変だろう。蚊なんかはとっくにいなくなってしまっている。

 

f:id:chick1011:20200828112305j:plain

日差しがなかなかに強く、日陰はさながらオアシスのようだった。

 

f:id:chick1011:20200828112621j:plain

f:id:chick1011:20200828112740j:plain

ペンキの剥がれた橋の下。モノクロ。穴から姿を覗かせる古びた鉄に年季を感じる。

 

f:id:chick1011:20200902202945j:plain

都市の喧騒から少し離れた、どこか静けさのある夏。

 

f:id:chick1011:20200902202953j:plain

f:id:chick1011:20200902203000j:plain

 

f:id:chick1011:20200828115244j:plain

この付近は海にも近く、船の往来も多い。

 

f:id:chick1011:20200828115439j:plain

夏雲に引き込まれる相生橋

 

f:id:chick1011:20200828115552j:plain

都会の鳩は人に慣れすぎだ。

 

f:id:chick1011:20200828115701j:plain

f:id:chick1011:20200828115833j:plain

f:id:chick1011:20200828115955j:plain

相生橋は実に無骨な見た目をしている。多数の三角形で構成されるトラス構造の橋。

 

f:id:chick1011:20200828115640j:plain

f:id:chick1011:20200828120626j:plain

時折ビルの隙間から路地を覗いてみれば、また別世界がある。それが東京の面白さだと個人的に思う。大通りから少し外れた場所で、黄色のバイクが静かに陽を浴びていた。

 

浅草 

f:id:chick1011:20200902203103j:plain

浅草に場所を移す。ここも昨年3月に行った時よりずっと人が少ない。外国人のいない浅草はなかなか新鮮だった。

 

f:id:chick1011:20200828135055j:plain

f:id:chick1011:20200828135425j:plain

 

f:id:chick1011:20200828140916j:plain

鳩も暑いのだろうか。木陰で休んでいるようだが、コンクリートの上は熱かろう。土に移動した方が賢明かもしれない。

 

f:id:chick1011:20200904103648j:plain
浅草寺の宝蔵門。写真を撮っている人が複数。スマホでサクッと撮っている人から、一眼レフと高いレンズで本気撮影する人まで様々。

 

f:id:chick1011:20200902203145j:plain

仲見世通り。圧縮効果で人が多いように感じるが、実際のところ人は少ない。自転車に乗って通過する者が現れるほど。(本来、この道は自転車を押して歩かねばならないが)

 

上野

f:id:chick1011:20200828151319j:plain

上野駅へ。撮り鉄。ひっきりなしに電車が出入りするあたり、流石上野という感じである。

 

f:id:chick1011:20200828151522j:plain

 

f:id:chick1011:20200828151645j:plain

暑すぎていよいよ被写体を見つけるのも面倒になってきている頃合い。もう少し涼しくなって欲しいもの。

 

f:id:chick1011:20200828153255j:plain

猫が石の上で寝ていた。熱くないのだろうか。いや、日陰だし石の方が返って冷たいのかもしれない。

 

f:id:chick1011:20200828155008j:plain

トンボが多い。シオカラトンボが特に多い。鳩などとは対照的に、都心の虫は警戒心が田舎のそれと比べて強い気がする。この前山に行った時見かけたトンボは、前が見えているのか疑うくらいには警戒心がなかった。

 

f:id:chick1011:20200828155216j:plain

f:id:chick1011:20200828160429j:plain

ハスの開花時間は朝方だそうで、完全にタイミングを逃してしまった。

 

f:id:chick1011:20200828160523j:plain

咲いているのか散る間際なのか怪しいハスを散見。咲いているというよりは、閉じる力が足りなかったみたいな…

 

f:id:chick1011:20200828160748j:plain

ビルの間に花を咲かすハスは、不忍池の見所である。

 

f:id:chick1011:20200902203251j:plain

f:id:chick1011:20200902203259j:plain

f:id:chick1011:20200828172225j:plain

日が傾いて影を長く伸ばす。気温も真昼に比べれば幾ばくか下がったような感じがする。寂しげなセミの抜け殻に夏の終わりを感じたが、まだ暑い日が続きそうだ。

 

 

 

やはりスナップするにはなかなかキツい気候だった。次の夏は30℃いかないくらいでお願いします。